当サイトと運営者について 

                                                                                                      

 

はじめまして、noriblog管理人の” のりとし “と言います。

簡単に私の自己紹介とblogをはじめた理由をご紹介します。

 

 

基本プロフィール

・ 出身地 : 福岡県

・ 年齢 : 30代

・ 趣味 : 筋トレ / 読書 / ゲーム / 

・ 好きなもの : お茶(玄米茶 > ほうじ茶 > 烏龍茶 > 緑茶) 、コーヒー(無糖)

・ 嫌いなもの : 酸味があるもの、辛すぎるもの

・ 仕事 : 臨床検査技師

 

 

専門学校 → 臨床検査技師

                                                                                                                 


専門学校卒業後、なんとなく病院には就職せずに校長にすすめられた会社に就職しました。

会社概要として、水質検査を主としている検査センターで、小中学校の水質検査や給食の食品検査および給食室の消毒などを行っている会社でした。

臨床検査技師として雇われた私は、水と食品の微生物検査に携わることとなりました。

2年半ほど勤めてたものの、やっぱり臨床検査技師として資格とったのだから、病院で働きたいと思うようになり、退職しました。

 

会社 → 病院

                                                                                                                

それから人手不足という情報を学校から聞いて、そこそこ大きい病院に就職することができました。

無事に病院に就職できたものの、ここからが思いもよらぬ展開となってしまいました。

臨床検査技術課の病理部に勤めはじめた私は、まず病理部の中の空気の悪さに驚きました。

なんにもない日でも空気がピリピリして、無駄話もろくにできないそんな張り詰めた環境でした。

そして目をつけられている人は、毎日のように罵声を浴び・・・正直エラいところに来てしまったと思いました。

まあそんな環境だから辞める人続出で、入ってはすぐ辞めるもんだから、上の人たち(上司と側近)と下の人たち(新人)しかいない状況になってました。

私も性格的にうまくやっていけるタイプじゃなかったので、いつの間にか目をつけられ、いつも怒られてばかりになりました。

そんな環境でも辞めなかったのは、ある意味洗脳されてたのかもしれません。

ある時、その問題の上司がパワハラで左遷されることになりました。

これで病理部も少しは変わるかなと思っていたけど・・・あとを引き継いだ人も同じような考えの人で、結局変わりませんでした・・・むしろより悪くなった気がします。

病院に勤めだして約6年半、ついに体を壊してしまいました・・・

 

 人生について





              

体を壊して思います。

なぜこんな風になるまで働かなくてはいけないのか?

これから定年まで更に伸びると予測されます。

残り約30年 ~ 40年。

確かに病院すべてが悪いわけではありません。

こことは違った働きやすい病院だって探せばあると思います。

でも、今回のきっかけで『他の生き方も探してみたい』と思うようになりました。

それで始めたのが、

  • プログラミング
  • ブログ
  • Twitter

まだまだ始めたばかりで先が見えないけど、続けていくことでこの先の人生が変わればと思います。

 

 

素材について

noriblogで使用している素材は、Pixaboyからの画像になります。

撮影された皆様に感謝をいたします。

・fancycrave1様 ・christoph様 ・Karolina Grabowska様 ・Valentin Sabau様 ・Larisa Koshkina様 ・berfvthul様 ・David Mark様 ・Free-Photos様 ・Dan Fador様 ・Giani Pralea ・PublicDomainPictures様 ・MustangJoe様 ・Jorg Peter様 ・Congerdesign様 ・Pexels様 ・nile様 ・Michal Jarmoluk様 ・Nipapun Jiranukul様 ・4537668様 ・Klaus Hausmann様